AGAになんて負けない④|自毛植毛、カウンセリング行ってきたよ!

こんにちは、ぶらうんver.3です!

今回は自毛植毛のカウンセリングに行ってきた件についてお話します!

 

はじめてのアスク井上クリニック

関西地方に住む私は費用をできるだけ抑えるべく夜行バスで新宿へ。10時間を超える長旅でしたが、4列シートが窮屈すぎてろくに眠れないまま朝6:30頃に到着しました、、、(また来るときは絶対に新幹線にすると心に決めるぶらうん)

朝一8:45分からの予約でしたので駅近辺のマクドナルドで時間をつぶしました。ほんと学生みたいですね。笑

ちなみに新宿駅(東口)からクリニックまでは徒歩で10分もかかりません(西武新宿駅なら目の前)。特に迷うこともなく予約時間の5分前に受付に到着しました。

《アスク井上クリニックHPより》

 

受付〜ヒアリング・概要説明

受付でベルを鳴らすと爽やかなお兄さんが現れる。連絡や相談の窓口、事務手続きの面で私の担当をしてくださるそうだ。とにかく腰が低い。笑

受付横のソファで症状や治療の希望についてアンケートの記入を行った後、個室に案内され、希望の施術イメージを聞かれました。私の場合、とにかくざっくりとえぐれたM字が大優先で、続いて前頭部の密度減少が気になっていたので、それらをなんとかしてくれと懇願しました。笑

ここで驚いたのが、担当のお兄さんもアスクでの自毛植毛経験者だったということです(まったく気づきませんでした)。同じ悩みをもつものとして親身に話を聞いてくださり、施術についての助言や生の経験談を聞くことができました。私がAGA治療薬をネット購入していることに関しても、”ぜひそうするべき、ウチでは高い薬の購入を強要したり、ましてやAGAクリニックへの通院を推奨したりしない、積極的に個人購入をオススメしている。”というコメントをいただき、非常に好印象でした。

 

井上院長診断・カウンセリング

その後、井上院長の部屋へ案内されついに初対面。HPのお写真通り非常に穏やかで優しい印象でした。「楽にしてていいですよ」と、私が座っている椅子の周りをぐるりと一周しながら症状を見ていただき、私に必要な施術を判断していただきました。と言いますのも、これまでAGA(男性型脱毛症)と呼んでいた薄毛症ですが、実はほとんどの薄毛男性においてAGA以外のもう一つの脱毛要素と競合して発症しているというのです。その名もCTE(慢性休止期脱毛症)

AGAが頭頂部やこめかみといった局所に生じる脱毛パターンであるのに対し、CTEは頭髪全体がスカスカになっていく脱毛パターンであるとのことです。先生の見立てによりますと、私の薄毛はAGA:CTE = 6:4程度だそうです。(ただし、私の場合フィナステリドを2年近く服用しているため、AGAがかなり抑えられて見えている可能性もあるらしいです。)

AGA優勢の場合、薄くなっている部分に集中して移植を行う他、これから進行するであろう部位を先回りして植え付けを行う必要があるそうです。そうでないと離れ小島のような不自然な髪型になってしまうそうです。(恐ろしい、、、)

ただし、既存毛が多く存在する箇所への植え付けには限界があるらしく、なかなか密度が上がらないとのことです。つまり、CTEの影響が強く全体にわたって密度減少が見られる場合は、たとえお金の用意がたくさんあってもふっさふさというわけにはいかないようです、、、

幸いにも(?)私のM字のような生え際の後退に関しては高密度での移植が可能であり、見た目に劇的な改善が見られるでしょうとのこと。う、嬉しい…!!

 

生え際のデザイン

先生はおもむろにM字に後退した生え際のイラストとペンを私に差し出し、どんな生え際が理想か描いて見てくださいと指示します。私は特に考えることもなく下の赤線のような円弧を描きました。

実はこれ大きな過ち!

多くの患者さんがこのように描きがちだということですが、こうしてしまうとお猿さんのような見た目になってしまうそうです。ウキキ。

正解のラインは青色。もみあげに降りるラインに対して直角に交わるような角度が解剖学的に自然なラインだということです。この先の人生でまったく活かせない知識ですがひとつ賢くなりました!

で、実際に描いていただいたラインがこんな感じです↓

いやあ、えぐれてますね(白目)

私の場合サイドも砂漠化が進んでいたので、もみあげの縦ラインも再建していただくことになりました。ちなみに生え際が数段ありますが、これをどこにするかでお値段が変わってくるわけです。

もちろん一番手前でございます。欲深くいきますよ。

 

施術費用について

エッジの効いたマイM字に対して必要なグラフト数(移植毛の株数)を見積もっていただくと、1,500グラフトという数字でした。これで130万円程度とのことです。200万円までは覚悟していたので前頭部も、、、と思いましたが、M字と比較するとそこまで重度ではないので経過を見て将来的に2回目の施術を考えるのもいいだろうという判断となりました。

ちなみに今回は株を採取する際に後頭部を刈りあげる ”i-SAFE スタンダード”を選択いたしました。こちらの方が断然安いからです。女性はなかなかがっつり刈り上げというわけにはいかないでしょうから、刈り上げない手法である”アンシェーブンi-SAFE”を選択する方も多いようです。価格はそれぞれ以下の通りです。

手法 価格(1グラフトあたり)
i-SAFE スタンダード ¥980 → ¥700(キャンペーン価格)
アンシェーブン i-SAFE ¥1,700 → ¥1,200(キャンペーン価格)
基本治療費 ¥185,000

今回通常価格より安いキャンペーン価格でお見積もりいただいております。いつまでやっているのかわかりませんが、モニター募集や家族割(衝撃)というのもあるようなので都度チェックしていただければと思います!

 

手術日程調整・血液検査

先生の診断を終えた後は、再び個室で支払い関係の事務手続きを行い、手術日程の調整を行いました。まあ当然といえば当然なのかもしれませんが、めちゃめちゃ日程が埋まってました。9月頭時点で、11月後半に1日、あとは2月以降しか空いていないという混み具合、、、奇跡的に10月中旬に空きそうな日があるということで、その日か11月かということで仮押さえして頂きました。迷ってる方はカウンセリングだけでも早く行っておいた方が吉ですよ!

最後に感染症等の検査のため血液を採取し、帰宅致しました。

後日、血液検査に異常がなかった旨、そして10月の方の日程が空いたという連絡をいただき(ラッキー!!!)、予約金20万円を振り込んで手術確約と相成りました。

 

以上のような流れで無事カウンセリングを終え、来たる施術日に胸を躍らせるぶらうんなのでした。(続く)

 

AGAになんて負けない⑤|ぶらうん、『毛』植えたってよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です