AGAになんて負けない(13)|半年経過。気持ちの変化と今後の展望。

おはこんばんちは。ぶらうんv3です。

長らく更新途絶えていてごめんなさい。超ネガティブな記事の後だったから「こいつ死んだのか」と思われた方もいるかもしれないですね。I’m still alive.(毛根は早々死んでますがね。)

本日は早速5〜6ヶ月目の植毛経過を報告していきます。

 

施術部の外観

左側移植部

術後1ヶ月

術後2ヶ月

術後3ヶ月

術後4ヶ月

術後5ヶ月[NEW!]

術後6ヶ月[NEW!]

 

右側移植部

術後1ヶ月

術後2ヶ月

術後3ヶ月

術後4ヶ月

術後5ヶ月[NEW!]

術後6ヶ月[NEW!]

 

髪型の変化

術後4日目

術後6ヶ月

 

半年経過してみての感想

いかがでしょう。これから植毛を検討されている皆様にとって満足のいく結果でしょうか。

私は正直にいえば不満です。やっぱり密度の低さは否めませんから。

どこの植毛業者もネガティブな風には症例を見せないので気づきにくですが、光の当て方や角度によってどうとでも見せられてしまいます。こんなに改善するのかと額面通り鵜呑みにするは危険かもしれません。

しかしこの結果が初めからわかっていたとしても、植毛をしないなんて選択肢はあり得なかったと思います。

髪を前に前に持ってきてM時を隠すスタイルからは卒業できましたし、同時に植毛前に抱えていた「風が怖い」という感覚もなくなりました。これは本当にすごい進歩です。M字部分の髪が乱れてスリットが入らないように髪型を気にしまくる習慣は、同じ悩みを持つ同志にしかわからないでしょう。

投薬治療もそうですが、お金と状況が許すならできるだけ早く処置するべきだと思います。落ち込んで、塞ぎ込んで、絶望している期間のなんともったいないことか。私はそれで何年もの限りある青春を無駄にしたように思います。

時間は有限で過ぎ去った分には取り返しがつきませんが、お金なんて極論なんとでもなるんですから。少なくともAGA治療薬は学生時代に始めていればよかったなと今更ながら思います。失ってからじゃ遅いんですから。

 

今後どうするの?

・当然ながらAGA治療薬は続けます。

ミノキシジルにしてもフィナステリドにしても、長期服用にはリスクがあるとされています。とはいえやめてしまったら脱毛が再び進行してしまうのも事実。体調変化を観察しながら続けていきます。服用量は変わらずミノタブ5mg、フィンペシア1mg。効果の程はわかりませんが、引き続きフォリックスFR15ローション(外用薬)も朝晩使用します。

・2回目の自毛植毛を行います。

今回の移植部への不満も残りますが、非移植部の密度感も気になるこの頃。前回のエントリーでも触れましたが、前頭部、頭頂部の透け感がどうしても我慢できない。やり始めたら止まらない沼にはまってしまったのかもしれませんが、お金を貯めて再チャレンジするつもりです。再施術、追加施術は少なくとも初回施術の8ヶ月目以降からということですので、早くて2ヶ月後になります。

 

ちなみにアスク井上クリニックさんからは半年後、8ヶ月後に検診があると言われていたのですが、半年経過した今特に連絡がありません。自分からコンタクトしないと放置なのでしょうか。んんん。連絡してみようかな。

 

以上、半年レポートでした!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です